メニュー

心電図、ホンキのキホン(9)冠動脈の異常は、心電図のどの誘導に現れるのか?

[2021.02.04]

冠動脈の異常は 心電図のどの誘導に現れるのか?

皆さんに質問です。12誘導心電図のうちで、最も重要な誘導は、〇誘導だったか覚えていますか? そう、大正解、Ⅱ誘導でしたね!(これまでの心電図の勉強会を復習すると分かりますよ!)。これは心電図のキホンとなる調律(リズム)を把握したいとき、最も「P波」が最も見やすいから、でしたね。だから心電図のモニタ波形の設定をすることができる機種の場合、Ⅱ誘導を表示するようなモードにしておくと分かりやすいということです。

前々回から、勉強会の主題は「虚血」になりましたが、心臓を栄養する「冠動脈」は3本ありました。1(ひだり)回旋枝(かいせんし)、(ひだり)前下行枝(ぜんかこうし)、みぎ冠動脈、でしたね。では、この3本のうちで最も重要な冠動脈は?、と聞かれたら…、覚えてますか? の前下行枝でした。理由は? そう、心臓の筋肉の中でも最も重要な、左心室の筋肉を栄養している血管だから、でしたね。ここまでの復讐は、大丈夫ですか? 心電図のキホンですから、覚えておいてくださいね!

心電図は「地図」のようなもの。単に12個の波形を並べただけですが、その組み合わせで、心臓のどこに異常が起きているのかが分かるのです。では、先程お話しした冠動脈の1~3のそれぞれの異常は、心電図のどの波形に表れるのでしょうか?これは理屈で考えればわかることなのですが、覚えても理屈を理解するのが大変なので、マル暗記してしまいましょう。呪文のように、念仏のように、ひたすら繰り返して覚えましょう。

ちなみに、ですが、胸の電極を貼る色と順番、覚えていますか?どこに何色の電極をはるのか、分からなくなってしまいますよね。電極を付けるときには、筆者はいつも念仏のように「せ・き・ぐ・ち・く・ん」と唱えています。「せ=赤色(せきしょく)=赤」、「き=黄色=黄」、「ぐ=グリーン=緑」、「ち=茶色=茶」、「く=黒」、「ん=(ん)むらさき=紫」、です。この「せきぐちくん」、ぜひ 使ってみてください!

 

1 ひだり回旋枝  :  Ⅰ、aVL、V5、V6

2 ひだり前下行枝 :  V1、V2、V3、V4

3 みぎ冠動脈 : Ⅱ、Ⅲ、aV

→ 心電図、ホンキのキホン(10)虚血の心電図変化と時間経過

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME