メニュー

そうだったのか! 就労支援1

[2021.06.21]

「病気発症」から「職場復帰」まで

 

当サイトでもご説明した「回復期リハ」ですが、その目標は何でしょうか?それは、「在宅復帰率」という数値もあるように、自宅を始めとした「もともと居た環境にかえること」です。高齢者であれば、ひとまず家に帰って介助や介護を受けて生活を続けることができるかもしれません。しかし、働き盛りの、お若い方であればどうなるでしょうか?もともとお仕事をされていた方であれば、自宅に帰った後は、仕事ができるようになる、つまり「職場復帰」することも、大きな課題となるはずです。このシリーズでは、「就労支援」 に焦点をあてて、分かりやすく解説していきます。

「病気発症」から「職場復帰」までの時間軸とイメージ

 

病気発症によって、それまで保持していた生活上・仕事上の機能レベルは低下する場合もあります(A)。特に、脳血管疾患や骨折、手術を必要とするような疾患では、状態によって回復期リハビリ病棟でのリハビリを行い、自宅退院を目指します(B→C→D)。ただし軽症であれば、急性期病院での治療を終えた時点で直接自宅退院(B→D)することも可能です。その後は職場環境にもよりますが、ご本人の希望・職場からの配慮・職場の環境整備など、働く環境を整える必要があります。更に機能によっては通勤が困難となった場合には、勤務地の変更が検討される場合もあります。ただし組織や就労形態によっては充分な福利厚生が得られない場合もあるため、充分な自宅療養や復帰準備ができない場合もあります。また職場の建築上・立地上の条件によっては環境整備が行えない場合もあり、更に職場の規模によっては勤務地の変更自体ができない場合もあるため、患者さんごとに きめ細やかな配慮を要することもあります。

 

 次号はこちら

→ そうだったのか! 就労支援2

 

医療ソーシャルワーカーが教える退院支援のコツ

→ 一歩前進! 退院支援1

 

「介護保険」を徹底解説!

→ 徹底解説! 介護保険1

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME