メニュー

執筆者一覧

 

八重樫 穂高

精神保健指定医
精神科専門医・指導医
認知症臨床専門医
認知症診療医
認知症サポート医

所属学会:
日本精神神経学会、日本臨床精神神経薬理学会、日本老年精神医学会

略歴:
1983年 千葉県生まれ  駒場東邦高等学校出身
2011年 山梨大学医学部卒業
山梨県立北病院精神科での勤務期間中に、ニューヨークでLEAP(病識に乏しい患者さんと信頼関係を築くためのコミュニケーション方法)のレクチャーを受け、「病気じゃないからほっといて(星和書店)」翻訳・出版。その他、治療アドヒアランス向上に興味を持ち、研究活動に取り組んできた。
現在、母校の大学院に所属しながら、都内の病院で老年期精神科医療に携わる。いくつかの認知症初期集中支援チームに専門医、チーム員として参加。

書籍:
・藤井康男 編 「クロザピン100のQ&A 治療抵抗性への挑戦」星和書店 2014年
・八重樫穂高,  藤井康男 訳「病気じゃないからほっといて-そんな人に治療を受け入れてもらうための新技法LEAP」星和書店 2016年
・藤井康男 編 「持効性注射製剤治療のすべて」星和書店 2018年

論文等:
・Yaegashi, H., et al. (2020). Adherence to Oral Antipsychotics Measured by Electronic Adherence Monitoring in Schizophrenia: A Systematic Review and Meta-analysis. CNS Drugs.
・Yaegashi, H., et al. (2021). Risk of withdrawal of consent for treatment with long-acting injectable versus oral antipsychotics: A meta-analysis of randomized controlled trials. Schizophrenia Research.
・八重樫穂高. 精神障害者のライフスタイルと身体合併症. 精神科治療学, 2014年2月
・八重樫穂高, 藤井康男. デポ剤による治療のメリット・デメリット. 精神科 2014年11月
・八重樫穂高 持効性注射製剤と統合失調症患者の死亡リスク. 臨床精神薬理 2015年1月
・八重樫穂高, 藤井康男. 持効性注射製剤の患者への受け入れ促進をめざして
   - GAINアプローチを用いた患者との共同作業の試み - . 精神科治療学 2015年7月
・八重樫穂高 病識が乏しい患者における治療継続性向上.  臨床精神薬理 2017年1月
・八重樫穂高 「病気じゃないからほっといて」という患者さんと信頼関係を築き、治療を導入するには.  精神看護 2020年1月

 

八重樫医師の担当コンテンツは

・「不穏」に対するアプローチ1~4

・これなら分かる! 向精神薬1~6

 


 

児玉 麻美子

社会福祉士
 
所属学会、団体:
日本産前産後ケア、子育て支援学会
公益社団法人 日本医療ソーシャルワーカー協会
 
略歴:
1980年生まれ
2003年淑徳大学 社会学部社会福祉科卒業
 
大学卒業後から小学校5年生からの夢である、急性期の病院でMSWとして16年勤務。
退院支援とともに川崎市内の病院では周産期、小児科を担当し、川崎市kcapの業務と要保護児童対策地域協議会の業務に携わり、院内だけでなく、地域、行政とともにソーシャルワークを行う。現在は福祉界にフィールドを移しソーシャルワーカーとして日々研鑽中。
 

 


 

杉山 陽一:当サイト代表

→ 詳細は、こちら

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME